Still Life Talking.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

staub ジョエル・ロブション セレクション  



IMG_5291.jpg



久しぶりに心躍るお買い物をしました。



IMG_5288.jpg



先日、お友達のロモさんから、過去に販売され現在入手不可能な鍋、
staub(ストウブ)ジョエル・ロブション仕様が奇跡的に見つかったとお電話をいただき、
更にはロモさんと共通のお友達のバリ猫(ゆっきー)さんも購入予定だとお聞きして、
一気に胸トキメキMAX状態に(笑) さっそく便乗購入しました。



IMG_5289_2.jpg



通常のストウブと、ロブション特別仕様との違いは・・・

通常のストウブは、ストウブ独自の薄くて多孔質の
“黒マットエマイユ加工”
になっているので表面はザラザラしてます。
そのため細かい油の粒子が鋳鉄になじんで焦げ付きを防ぎます
(一般の鋳物の鍋とは違います。ご注意ください)。

ジョエル・ロブション・セレクションの特別仕様は、
通常のストウブのような黒マットエマイユ加工ではなく、
鍋の内側が厚みのある3重のホーローがけになっているので
ザラザラしておらずツヤツヤです。



IMG_5299.jpg



ジョエル・ロブション(Joël Robuchon)氏といえば、
あまりにも有名すぎる世界的なフレンチの巨匠、いや、それ以上の人物で、
自らの料理番組の最後に必ず「ポナペティ!(=召し上がれ!)」というのが口癖(笑)

ロブション氏のフレンチって、
(番組を見て、私の今までのフレンチのイメージからすると)堅苦しくない。
気取っているように見えるんだけど、気取っていない。
高級なんだけど、どこか家庭的な部分もある感じ。

他のフレンチを食したいと思ったことはないけれど、
ロブション氏のフレンチは心底食したいと思いました。



IMG_5300.jpg



話がそれてますね(汗笑)。というわけで、
お友達のロモさんとバリ猫(ゆっきー)さんが書かれている、
ジョエル・ロブション セレクションに関するお二人の記事を、
ここにリンクさせていただきます♪


ロモさん
staub ジョエル・ロブション ブラック / ストウブ
ストウブで根菜の和風ポトフ

バリ猫(ゆっきー)さん
激レアなストウブ購入!~ジョエル・ロブション・セレクション仕様~
ストウブde鶏肉のローズマリー煮


そして、親愛なるロモさん、ありがとう。


ポナペティ!(笑)



関連記事

category: 関わり続けるモノたち

tb: --   cm: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。