Still Life Talking.

田島貴男 「ルーツ」  




秋の夜にアコースティックギターの音色が染み入る。

沈黙の中に曲のイメージが立ち現れる。

秋は人のなかの動物らしさが活発になる。

風の香りや異性の匂いに敏感になる。

歌はそういうときに呼び出される。

歌は人の動物らしさに繋がっている。

きっと単細胞生物にまで繋がっている。




(オリジナル・ラブ 田島貴男ブログ「ルーツ」から引用)


関連記事

category: 一時の心

tb: --   cm: --