Still Life Talking.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

9月の誕生日  



IMG_3035_1.jpg



去る土曜日、14日生まれの娘の誕生祝いを行いました。


ケーキを取りに行く前くらいから娘が
「ねえ、お歌は唄わなくていいからね!バースデーのお歌は要らないから」
そう何度も言って、なんだか落ち着かない様子だった(笑)



IMG_3059(360x540).jpg



恥ずかしいから絶対に唄わないで!としきりに言うので歌は唄わず、
「おめでとう~♪」という言葉と拍手の中でロウソクの火を消したのでした。
プレゼントは彼女のたっての希望で「たまごっち」にしました。



5.jpg



「6歳のお誕生日、おめでとう!」


生まれた時は2564gと、けして大きいとは言えなかったのに、
今では標準を遥かに超える成長で嬉しいです。来年は小学生。
時の速さを実感して、色々と泣けちゃいます(笑)



4.jpg



今回のバースデーケーキは西洋菓子 家田の生チョコレートケーキ。
サナ自身がお店で直接見て選らびました。サナはチョコレートは得意じゃないのですが、
このチョコレートケーキは一目惚れだったようです(笑)

実はこの日、予約した時間にケーキを取りに行った際、
店員さんがケーキを箱に入れようとして物の角に少しぶつけてしまい、
名前入りのチョコプレートが落下するというアクシデントがありました。

ここで普通のケーキ屋さんならデコレーションをやり直して、
新しいチョコレートプレートを作ってのせるのだと思うのですが、
その場に居た家田氏が「30分だけお時間ください。私が作り直します」と言って、
厨房に出来上がっていたスポンジ生地の温度を手で確かめ、
それは見事としか言いようのないほどの鮮やかな手つきで最初から最後まで、
全て家田氏ご本人が行ってくださいました。

この「家田」は小さな店ながらも
この辺ではちょっと有名で常時7~8人のお弟子さんが修業されています。
でも、入門したお弟子さんが3か月続かないことでも有名です(笑)

味はもちろんのこと品質にも細心の注意を払っていて、
例えば予約した時間よりも30分以上遅れて取りに行くと、
「時間の経ったものはお出しできないので作り直します」と、
新しいものを作ってくださいます。

その職人の心意気とその味に惚れ込んで、
子供の誕生日とクリスマスには必ず家田のケーキを予約しています。
我が家イチオシのお店です。


この場で恐縮ではありますが、
ケーキ職人の家田氏に深く御礼申し上げます。


店内は(客席は少ないのですが)お茶も楽しめるので、
もし近くにお越しの際には、ぜひとも西洋菓子 家田にお立ち寄りください♪

・・・と、宣伝しておきます(笑)


関連記事

category: 著しくない我が家の動き

tb: --   cm: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。