Still Life Talking.

ベランダの煙草  




IMG_5574_2.jpg



suzumokuさんの4thアルバムです。


-- 続きを読む --

category: 心を揺るがす果てなき音

tb: --   cm: --

ソウルボーイへの伝言  



IMG_3416.jpg



The Very Best Of Motoharu Sano A Message to Soul Boy.



category: 心を揺るがす果てなき音

tb: --   cm: --

HY MACHIKANTY SO-TANDOH TOUR 2010 -浜松窓枠  



IMG_2403.jpg



3日(火)に行われたHYのライブ
MACHIKANTY SO-TANDOH TOUR 2010-2011」に、
HYファンの方に申し訳ないくらいの知識しかないこの私が、
いきなり初参戦してきました(笑)

さて、ここから先はネタバレありですが、
その内容がおぼつかないです(汗)なので、内容は随時変更ありです!

「それでもOK!」な方は↓クリック!(笑)


-- 続きを読む --

category: 心を揺るがす果てなき音

tb: --   cm: --

スガシカオ Hitori Sugar Tour 2010 Vol.19-浜松窓枠  



PAP_0054-4.jpg



忘れないうちに記しておく。 ・・で、ここでお断りをいくつか(笑)

思い切りネタバレでございます!

そして思い出したモノから記しているので曲順、喋りの内容、順番も不確かです。
記憶に残っているモノだけを何とか手繰り寄せて記しています。

そのため、今後、随時この日記の内容を修正または補足するかもしれませんこと、
また、文章力や表現力のないことをご承知おきくださいませ(笑)。

そして内容が事実とは異なる場合は、お知らせいただけると嬉しいです♪


では、「OK!」という方は↓クリックを。


-- 続きを読む --

category: 心を揺るがす果てなき音

tb: --   cm: --

スガシカオ 「サヨナラホームラン」  



IMG_2184.jpg



Hitori Sugarに参戦が決まったので、
慌ててアマゾンからスガシカオさんのCDを購入した。

少し前から気になっていた「サヨナラホームラン(初回生産限定盤)」
スペースシャワーで流れていたPVを観て初めて知ったのだけど、
音楽よりもPVの映像のインパクトが強くて、
その時にテロップで出ていた“david 春山”という名前を
瞬時にTwitterで検索してしまったほどだった(笑)。



IMG_2186.jpg



随所で言っているんだけど(しつこいくらい、笑)、音の配分が非常に楽しい。
楽器の割り振りが絶妙。これは是非とも他のアルバムも聴いてみなくちゃ。
このスガシカオの、ちょっとのファンキーさにくすぐられる。で、惚れる(笑)。



サヨナラホームラン(初回生産限定盤)(DVD付)
FUNKASTiC(初回生産限定盤)(DVD付)

category: 心を揺るがす果てなき音

tb: --   cm: --

Hitori Sugar 2010のチケット  



IMG_2178.jpg



先月中旬頃にTwitterでライブを知り、
「ギター1本真剣勝負」という言葉に惹かれ一般発売前に抽選申し込み、
そして運良く当選した Hitori Sugar Tour 2010 Vol.19 のチケットが届いた。

何を隠そうスガシカオさんの音楽って、今まで殆ど聴いたことがなかった(汗)。
しかーし、これを機会に最新アルバム「FUNKASTiC」と最新シングル「サヨナラホームラン」を聴きだしたら、
その華麗な音裁きに(というか音の配分、位置など)が非常に楽しくて四六時中(とは大袈裟だが)聴いている。
また各初回生産限定盤特典のDVDは、とても観応えがあって満足した!


15日の窓枠には同居人を誘ったので、一緒に聴きに行ってきます。
ドタキャンが多い同居人だが「キャンセルしたら100万払え!」と言っておいたので、
多分、無事に行けることでしょう!(笑)




  


category: 心を揺るがす果てなき音

tb: --   cm: --

105円でクラプトン  




IMG_1733.jpg


エリック・クラプトンのライヴCD「アンプラグド」を、
ふらっと寄ったブックオフで買いました。

クラプトンの代表作としても知られているこのアルバムを、
私は今までに一度しか聴いたことがなかったと思う。
当時、確か、誰かに借りたのではなかったかと・・・だけど全く思いだせない。

やっぱり音色が美しい!そしてとても渋い!このライヴ空間が凄く気持ちいい!
それでもって、ギターのアレンジが素晴らしい!時代なんて、全然感じられない。

「ティアーズ・イン・ヘヴン」が、美しくて切なくて、悲しくて泣ける。


ああ、そうだ。そうよ。

こういうのを聴くと安心する。
見かけだけじゃない。形だけじゃない。

これが真の音楽だ。クラプトン、最高!


アンプラグド (unplugged)は「プラグを抜いた」という意味で、電子・電気楽器が一般化した今日、あえてピアノ、コントラバス、ドラムセットなどといった、電子装置を使用しない楽器を使った演奏スタイルのこと。全く電力を使用しないというわけではなく、コンサートでは会場の規模に応じて聴衆にサービスするためのSRを用いるのが一般的である。それ以外のみの楽器を使用して演奏するスタイルをいう。アコースティック音楽(Acoustic Music)とも言う。口語で電子装置を使用しない楽器のことをアンプラグド楽器(アコースティック楽器)という。現在、「アンプラグド」という名称はMTVが商標登録したため、現在は一般的には「プラグレス」という名称が使われている。
(以上、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用)




category: 心を揺るがす果てなき音

tb: --   cm: --